埼玉のデリヘル体験記

デリヘルへ遊びに行く際にみなさんはプレイが満足できればいいと思っていますか?私も最初はその部類でブスが来たら損した気分になるし、いいプレイができなければ「なんだこのデリヘル店もう来ない」といった感じでした。
しかし何度もデリヘル店で遊ぶと女の子の話を聞いて今までにどんな経験をしたことがあるかなんていう話を聞くのも面白くなってきました。
先日西川口のデリヘル嬢がした体験がちょっと面白かったので紹介したいと思います。
そのデリヘル嬢はそこまで可愛くなかったのでオプションの種類を増やすしかないと思ったらしく、アナルプレイ可能、放尿プレイ可能として他の人と区別をつけるようにしたようです。
そしたらお客さんから指名されることが増えたようなのですが変態も寄ってくることが多くなったとのことです。
そのお客さんはまずペットボトルにおしっこしてくれと言ってきたようなのです。
しかもそれをするだけで1万円くれるとの事だったのでやったようです。
ペットボトル一杯に溜まったおしっこを頭からかぶり「あ〜サイコ〜」といって次にうんちするのを見てと言ってきたようです。
もちろん男性のうんちを見るのは初めてで恥ずかしかったようですがそれだけで1万5千円ももらったようです。
世の中にはいろんな性壁の人がいるようですね。

刺激満点の風俗嬢もいる埼玉のデリヘル

埼玉のデリヘルのホームページを見ていると、非常に刺激的な店が沢山あることが分かります。
すべての女性が下着姿になっているようなプロフィール写真を眺めていると、いつの間にかお店に来て下さいと誘われている気分にもなります。
店のホームページを作っているスタッフや店長は、どうすればホームページを訪問してくれた男性に興味を持ってもらえるかを必死に考えています。
従って埼玉でもホームページを見れば店の店長やスタッフがどういった女の子をお客さんにすすめたいのかがある程度分かります。
悩殺ポーズをして男を刺激する写真を掲載している店は、お客さんにたっぷりとエロい風俗嬢のサービスを満喫してもらいたいと考えているのです。
一方、清楚系のデリヘル嬢をラインナップに揃えている店の場合、お客さんに十分な癒しを提供したいと考えていたりします。
遊ぶ側の男性は日によって気分もまちまちでしょうから、エッチな欲望がかなりたまっている日は悩殺ポーズの風俗嬢がいる店を選べばいいですし、まったりと楽しみたい日は、清楚系の女性が在籍する店を利用すればいいのです。
埼玉にはいろんな風俗嬢が働いていますので、遊ぶ際の女性選びの選択肢は広いです。